【知ってますか?】BMIの落とし穴

ダイエットをするためにジムに通ったけど、BMIが減らない。
BMIが減らない事でモチベーションを低下した経験ありませんか?

そもそもBMIとは・・
肥満度を表す体格指数の事です。
体重 kg ÷ (身長 m ×身長 m )で求める事ができます。
正常範囲:18.5~25未満

ですので、体重が減ればBNIが減り、体重が増えればBMIも増えるという事になります。
ダイエットしているにも関わらず、BMIが増えては、不安になる気持ちもわかります。

BMIが25以上となれば、肥満判定になる為、極力BMIが少ない方がスリムといえるわけです。
ですが下記のようなケースは肥満といえるのでしょうか?

大きいカラダをしたプロのアメフト選手。
彼らのほとんどは、BMI25以上だといっていいでしょう。
ですが、彼らのようなアスリートを肥満とはいえません。

という具合にBMIは必ずしも、肥満を判定できるものではありません。
元々、スリムな方がジムに通い、筋トレをした場合、筋量が増え、BMIが増加するケースが考えられます。
手軽に肥満度を測定できるBMIですが、体重の増減が筋量であるか脂肪であるかを判別できない点が落とし穴といえます。

肥満度を測定したい場合は、体脂肪率を測定する事をお勧めします。
体脂肪率の測定は、体組成機器で行う事が可能です。
簡易的なものであれば、電器屋さんで購入が出来ます。
より精密なものであれば、パーソナルジムでの測定がよいでしょう。

ライター:吉田勇気

株式会社BlueOcean代表/元プロボクサー/健康運動実践指導者/ゴルフコンディショニングスペシャリスト/千葉そごうヘルスケアカウンセラー/元レズミルズボディコンバット本認定インストラクター/ヘルスケアIoT開発者/元トレーナー向けキュレーションサイトからだプロディレクター

コラム一覧

ママ必見!トピックス一覧