【ママに知って欲しい】筋肉の色には種類がある!?

「昔はもっと、素早く動けたんだけどな・・」

お子様の運動会や催し事などで運動をした方は、このような事を感じたことはありませんか?それは、あなたの白筋が減少しているせいかもしれません。

筋肉の色は3つに分類される

赤筋

遅筋とも呼ばれ、持久力に優れています。
代表的な筋肉は腹筋です。

白筋

速筋とも呼ばれ、筋肉の収縮速度が優れています。
短距離走者の太ももは速筋が多い傾向にあります。

ピンク筋

中間筋とも呼ばれ、赤筋と白筋の特性を持ち合わせます。

 

遺伝で決定する

赤筋と白筋の割合は、遺伝により決定します。
生まれつき、脚の早い者とそうでない者が決まっているといっても過言ではありません。
ただし、トレーニングにより、ピンク筋を赤筋や白筋よりにする事は可能だと言われています。

加齢とともに・・

加齢とともに減少していくのは、白筋だといわれています。
中年以上になると、ウォーキングや水泳が効果的という風潮がありますが、筋トレも同等に重要です。
歩行やウォーキングは赤筋(持久力)をメインに鍛えるトレーニングです。
しかし、それだけでは、筋肉の減少を抑制するのは難しいといえます。

 

まとめ

  • 筋肉は大きく3つに分類される(赤、白、ピンク)
  • 赤筋と白筋の割合は遺伝で決定する
  • 加齢とともに白筋が減少するといわれている

上記は、ご自身の体調や身体能力に合わせて、無理のないように実施ください。
実施される場合は、ご自身の責任で行うようにお願い致します。

 

ライター:吉田勇気


株式会社BlueOcean代表/元プロボクサー/ゴルフコンディショニングスペシャリスト/ヘルスケアIoT開発者/元トレーナー向けキュレーションサイトからだプロディレクター

コラム一覧

ママ必見!トピックス一覧