【イクメン】について考えてみた

突然ですが、【イクメン】という言葉についてどう思いますか?

こんにちは。

当たり前のように使われている『イクメン』という言葉。

違和感を感じる方も少なくないようです。
というのも、そもそもこの『イクメン』という言葉ですが、「子育て(育児)をする男児(メンズ)」の略です。
イクメンの定義はママさんによって様々なので一概には言えないのがまた難しいですね。

男性が育児をしてなぜ褒められるの?
という意見も多いと思います。私も同じ見解です。

お笑い芸人のハライチの岩井さんは番組内で下記のように仰っていたそうです。

お笑い道みたいなのを語ってた芸人が後々子どもができて、結局『イクメン』アピールしてる。
自分の子どもを育てて『イクメン』って意味分かんない!当たり前のことしてんだよ?何『イクメン』って。
気持ち悪い言葉!『イクメン』って。

世のママさんたちの共感を得そうですね(笑)

可愛い我が子ですよ?育児はママがやって当たり前!パパは外で働いていればいい!
という考えはもう古いのではないでしょうか?
今は働きに出るママさんも少なくなく、夫婦共働きのご家庭がも珍しくありません。
疲れて帰るのはパパだけではありません。

パパさん!育児しましょう!

パパさんができる【育児・子育て】といっても、なにもお子さんをあやしたりオムツ変えてあげるだけではないと思います。
子育てってパパさんは思うよりずっと大変なんです。
ママって想像以上に疲れているものです。

お風呂掃除・トイレ掃除、ちょっとした買い物、洗い物…。
これらも立派な【イクメン】(あまりこの言葉を使いたくないですが笑)でしょうし、なによりママさんにとっても嬉しいことと思います。
できる事からで良いと思います。
急に頑張りすぎても長続きしないですから。

ちょっとしたパパさんの気遣いでより夫婦円満になればまたひとつ笑顔が増えますね。
私はパパ・ママの笑顔の数だけ、子供は感受性豊かに・幸多い子に育つと信じています。

以上、子育てにあまり参加してくれないパパに悩んでるママさんに読んでもらいたい内容を書いてみました。
少しでも共感してくれたら、SNSで拡散でもしてください(笑)

著:ママちゃんねる運営

コラム一覧

ママ必見!トピックス一覧