【まだまだ暑い!】 ~子供の熱中症対策~

赤ちゃんや小さい子供は激しい新陳代謝がゆえに多くの汗をかきます。
そのため大人よりはるかに熱中症にかかりやすいものです。
毎年死者がでる非常に怖い症状ですから、しっかり対策しましょう。

そもそも熱中症ってどんな症状?

大きく4つに分類されます。

【熱疲労】
症状:頭痛やめまい、けだるい感じ(倦怠感)
暑い所で長時間運動したり、そこに居続けることで水分不足になり、脱水症状を引き起こします。水分が不足すると倦怠感(だるさ)を感じるようになります。また、血圧の低下も招きますので頭痛やめまいの原因にもなります。

【熱けいれん】
症状:手足が震える。体が硬直し、呼吸が荒くなる。
汗を大量に書くと、水分と一緒に塩分も失われます。
よくありがちなのが水分は補給するけど、塩分まで補給しないという事。塩分が不足すると、筋肉がけいれんを起こす原因となります。

【熱失神】
症状:めまい、失神、顔面蒼白
暑い場所に居続けると、血管が膨張します。
その為血圧が低くなり、頭にうまく血液が回らず、フラフラした状態になります。脈拍はドクドク早いのですが、血液の流れが弱いと言えます。

【熱射病】
症状:汗をかかなくなる。異常な発熱。意識がもうろうとしている。
体温が異常に上がり過ぎている状態です。
脱水症状も引き起こしている場合が多く、汗も出し尽くしているため、体温調節ができないようになっています。
そうなると脳(中枢神経)にまでダメージが及び、身体がうまく動かないといった事が起こります。

熱中症かもしれない症状

・高体温 ・過剰な汗 ・顔が赤くなる ・顔が青くなる ・動いてないのに筋肉痛 ・手足がつる ・頭痛 ・吐き気 ・ふらふらする ・意識がもうろうとする
まだ感情をうまくコントロールできない赤ちゃんは特に危険です。
普段に比べておしっこの回数が少なくなったり、硬めのウンチが出たら気を付けましょう。

もし症状が見られたらどうしたら?

1.まず直射日光を避けましょう。
(小さなお子さんのベビーカーもご注意ください。ベビーカーやチャイルドシートは大人が思う以上に熱くなりやすいものです。)
2.抱っこ紐やおんぶ紐は、ママ・パパの体温をダイレクトに伝えるので避けましょう
3.エアコンを活用し室内温度の調整を。
4.車の中はかなりの高温です。走行中エアコンを付けていても強烈な日差しが差し込みます。日よけ等の対策も忘れないようにしましょう。

また(帽子、濡らすと冷えるバンダナやスカーフ、チャイルドシート用の冷たいシート、水筒(保冷材も)タオル、ハンカチ)等の熱中症対策グッズをお出かけの際には持ち歩きましょう。

熱中症を未然に防ごう!

1.十分な水分・塩分を摂る。
2.しっかり毎朝、ごはんを食べさせる。
3.早めの消灯。
4.エアコンだけに頼らず、微風の扇風機も活用

あくまで対策等の情報になります。
お子さんの変化に気付いたら、まずは病院へ連れて行き早めに見てもらいましょう。

コラム一覧

ママ必見!トピックス一覧